滋賀県守山市を中心に「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団!(旧・守山野外美術展運営事務局)HPはhttp://m-fat.org/
by open-art
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
おてらハプン! TOP
ボランティア募集!
おてらハプン!参加アーティスト
イベントカレンダー
展覧会主旨
お知らせ
スタッフ日記
東光寺アクセス
すし切り祭
第8回おてらハプン!
第9回おてらハプン!
第10回おてらハプン!
第7回おてらハプン!
第6回おてらハプン!
第5回おてらハプン記録
第4回おてらハプン!
第3回野外展の記録
第2回野外展の記録
第1回 野外展の記録
幸津川の皆さんとWS
古民家再生
アートリンク
市民協力
メディア協力
メンバーの活動報告
出展要項
最新の記事
おてらハプン!2日目スタート!
at 2017-06-19 23:13
展示作品の紹介 古民家会場編
at 2017-06-19 15:19
展示作品の紹介 境内編
at 2017-06-19 12:55
初日のダンス公演 「踊らせて..
at 2017-06-17 01:29
初日のパフォーマンス公演 「..
at 2017-06-17 00:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 05月
more...
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ひつじかいの放牧日和
ホスピタルサーカスの日々
リヤカーツアー日記
コトコト橋
お寺 de アート in...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボランティアスタッフ募集!

ボランティアSTAFF募集

e0128732_19231829.jpg


「第3回守山野外美術展 お寺deアートin東光寺」
〜廃材ってカッコイイ〜
開催に当たり、イベントの立ち上げから一緒に盛り上げてくれる
スタッフを募集しています。

★説明会&ミーティング
〜アーティスト林加奈が「アートボランティア活動を10倍楽しむ方法」を提案します〜

自分たちの手で、アートイベントを作る喜びを体験するための説明会です。
悩むよりまず、是非説明会に来てみて下さい☆

欲しい人材

*チラシを色んな所に置きに行ってくれる人
*アーティストブックを作る人
*社交的な人
*子供と遊べる人
*お昼ご飯作る係り
*解説係
*アイディアマン
*運転できる人
*高い所が恐くない人
*アーティストと交流してみたい人
*力持ち

◆会場
守山市東光寺(滋賀県守山市幸津川町1189)

◆日時
2月20日(土)13:00〜15:00
3月28日(日)13:00〜15:00
4月18日(日)13:00〜15:00

◆活動期間
主に3/1〜5/5
出られる日のみでOKです。
土日・平日いろいろあります。

◆交通アクセス
JR東海道本線 守山駅下車(JR新快速で大阪から約60分、京都から約30分)
近江鉄道バス 小浜線「小浜行き」「あやめ浜行き」
幸津川南(サヅカワミナミ)下車 徒歩2分

注))バスの本数が非常に少ないのでお気をつけください。

近江鉄道バス 小浜線 時刻表
守山駅   ⇒ 幸津川南
http://khobho.jp/mite/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=1500
(2番の小浜線です。)
幸津川南 ⇒ 守山駅
http://khobho.jp/mite/ohmi_bus/pol_dsp.asp?teicd=1523

当日、12時のバスに乗り遅れた人用に12:30に守山駅にお迎えカーが待機します。
人数の加減がありますので、必ず連絡をください。

その他の方法
+守山駅からのタクシーは2500〜3000円ほどです。
+JRのレンタサイクル『駅リンくん』
http://www.ekiren.com/EKIRIN/index.html
守山駅から東光寺までは7.6km
自転車では(こぐ速さによりますが)45分くらいです。

地図はこちら


◆連絡先:
m-fat☆usennet.ne.jp
(☆マークを@に変えてね)
(代表川本)

◆ボランティアさんよりヒトコト

ボランティアスタッフ ほんま(38)
(第二回守山野外美術展、お寺deアートin西教寺にボランティアスタッフとして参加)


美術が苦手でも、絵がヘタでもお手伝いできたこと。

紙を切って折って貼ってアーティストブックをつくり、
アーティストのライブやパフォーマンスを見て、楽しみ、盛り上げ、
ごはんをつくり、お茶を沸かし、かたづけ、餅をつき、
会場の案内をして、作品についての質問にわかる範囲で答え、
こどもたちと遊びつつ、ケガをしないようにそっと見守りました。

アーティストの裏方ではなく、アーティストと観客とのあいだにいて、
もっと近づけるように、もっと楽しめるように、
親しみやすい雰囲気や安全な環境をつくるようにこころがけています。



◆コレまでの活動記録

左側のカテゴリー「第1回野外展の記録」「第2回野外展の記録」をご覧ください。
[PR]
by open-art | 2010-02-02 22:34 | お知らせ
<< 集めたいモノがあります。 改名のお知らせ >>