滋賀県守山市を中心に「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団!(旧・守山野外美術展運営事務局)HPはhttp://m-fat.org/
by open-art
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
おてらハプン! TOP
ボランティア募集!
おてらハプン!参加アーティスト
イベントカレンダー
展覧会主旨
お知らせ
スタッフ日記
東光寺アクセス
すし切り祭
第8回おてらハプン!
第9回おてらハプン!
第10回おてらハプン!
第7回おてらハプン!
第6回おてらハプン!
第5回おてらハプン記録
第4回おてらハプン!
第3回野外展の記録
第2回野外展の記録
第1回 野外展の記録
幸津川の皆さんとWS
古民家再生
アートリンク
市民協力
メディア協力
メンバーの活動報告
出展要項
最新の記事
おてらハプン!2日目スタート!
at 2017-06-19 23:13
展示作品の紹介 古民家会場編
at 2017-06-19 15:19
展示作品の紹介 境内編
at 2017-06-19 12:55
初日のダンス公演 「踊らせて..
at 2017-06-17 01:29
初日のパフォーマンス公演 「..
at 2017-06-17 00:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 05月
more...
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ひつじかいの放牧日和
ホスピタルサーカスの日々
リヤカーツアー日記
コトコト橋
お寺 de アート in...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ミライカメラ(アナログ未来写真)

ミライカメラ / Mirai Camera
(アナログ未来写真)

e0128732_15434104.jpg
◎ワークショップ
「ミライカメラでおもいおもいのお寺ミライ描こう!」
5月3日 終日開催 随時受け付けますがミライカメラは順番を守って使いましょう。 

「ミライカメラ」とは 仮想現実(AR)をアナログに行う手法を用いたワークショッププログラムです。実際に撮影した対象物を台紙にして、透明のフィルムを重ね、ペンでフィルムに絵を描きます。 そして、対象物を撮影した場所で、そのフィルムをミライカメラにセットし対象物を重ね合わせ、ファインダーを覗くと、目の前に自分の描いた未来の対象物が広がっています。
「ミライカメラ」では、誰もが、実感(臨場感)を持って自己のイメージを表現し、他者と共有することができます。加えて、目の前に在る「完成された」事物に対して、想像力をもってその在り方に能動的に関われることを体感することができます。

===
ミライカメラ 略歴
1976年生まれ神戸市在住の高木舞人、1981年生まれ大阪市在住の笹尾和宏、1982年生まれ大阪市在住の羽田拓也の3人で構成されるグループ。
ミライカメラは建築や都市計画を専門とするメンバーからなり、いま目の前にある「景色や風景」と参加者の想い描く「未来」をつなぐ「装置」や「きっかけ」として約5年活動しています。
これまで「ミライカメラ」では此花区の街角や旭区のマンションの公園など日常的な風景から、通天閣や国立国際美術館といったまちのシンボルとなる建物・風景を題材に、参加者の思い思いの「ミライ」を描くワークショップ・インスタレーションをしてきました。

[PR]
by open-art | 2017-04-09 15:50 | おてらハプン!参加アーティスト
<< 迫田 浩一 (アーリーミュージック) 辻村 耕司 (インスタレーショ... >>