滋賀県守山市を中心に「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団!(旧・守山野外美術展運営事務局)HPはhttp://m-fat.org/
by open-art
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
カテゴリ
おてらハプン! TOP
ボランティア募集!
おてらハプン!参加アーティスト
イベントカレンダー
展覧会主旨
お知らせ
スタッフ日記
東光寺アクセス
すし切り祭
第9回おてらハプン!
第8回おてらハプン!
第7回おてらハプン!
第6回おてらハプン!
第5回おてらハプン記録
第4回おてらハプン!
第3回野外展の記録
第2回野外展の記録
第1回 野外展の記録
幸津川の皆さんとWS
古民家再生
アートリンク
市民協力
メディア協力
メンバーの活動報告
出展要項
最新の記事
搬入始まりました!!
at 2017-04-29 19:43
お昼ご飯について
at 2017-04-26 22:26
京都新聞に掲載されました
at 2017-04-26 12:14
2017年版 東光寺へバスで..
at 2017-04-25 23:51
いよいよ直前!!みんなで大掃除!
at 2017-04-25 22:31
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 10月
more...
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ひつじかいの放牧日和
ホスピタルサーカスの日々
リヤカーツアー日記
コトコト橋
お寺 de アート in...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


かみわざ ミーティングレポ

チラシができました!

e0128732_01090309.jpg

という事で、即、発送作業で集まります。
この作業の日は人手がいるので、アーティストやスタッフがこぞって
時間を作ってきてくれます。

e0128732_01093075.jpg
10年目!つまり、この作業をするのも、10回目!
実はアーティストは、こういう事務的な作業がとても苦手な人が多いです。
それでも、みんなで協力しあってできるように、三原さんの采配のもと、流れ作業でやっていきます。
お気づきでしょうか、リーダーの私が1番、こういうの苦手なので、最後尾にいます。(笑)

花粉ピークのこの時期、マスク率高い。

みなさんのおかげで、あっという間に終わったので、東光寺の見学をします。
魅力発見ツアーです。並行して、アーティストたちとは、現地で具体的に、設置方法など相談。


e0128732_01160378.jpg
e0128732_01171202.jpg
e0128732_01172801.jpg
モファ代表、そして東光寺元副住職(現在は別のおてらの住職です)の川本くんが、ひとつひとつ本堂の中を解説してくれます。

そして、その後は、野路井さんのかみわざWSの体験。
e0128732_01185487.jpg
野路井邦充さんの「かみわざ」は5月3日と4日に開催。期間中いつでも参加できます。

今回、モファが野路井さんにお願いしたチャレンジは、大きな「かみわざ」できないかな?
というもの。で、やってみることに!
e0128732_01291786.jpg
e0128732_01295931.jpg
e0128732_01300962.jpg
おおおお!!!
これは、めちゃめちゃ面白かったので、ハプン!当日、ライブパフォーマンスでやってもらうことに!
日時は決まり次第UPします!

そして最後にもうひとつ。
三原美奈子さんのワークショップ案の実験。
見ないで牛乳パック作れるかな?

e0128732_01341086.jpg
三原美奈子のワークショップ。日時決まり次第UPします。

答え合わせで並べてみたら、長いとか、比率がおかしいとか。
パッケージデザインの特許の話や、この形がどんな根拠から作られているか、
のお話を聞きながら、さらに、他の、印象的なパッケージも作ってみたり。

よく見るこのデザインひとつが、流通や経済や、いろんなものとつながってるんだなぁ〜。
なんてことを、手を動かしながら形作りながら、ワイワイできるこのWS。

いいんじゃないの?やりましょ。やりましょ。

おてらハプン!はこんな風に作り上げられて行きます。

さらに続くよ ミーティングレポ →→→→

レポ by Miyaki





[PR]
# by open-art | 2017-04-09 01:45 | スタッフ日記

おてらハプン!ミーティングレポ 1

モファでは、おてらハプン!のためのミーティングを、本番までに何度も重ねます。

e0128732_00255448.jpg

必要事項や、当日の段取りなどを話し合うのは、40分程度で、
ほとんどの時間を自己紹介などでのアーティストやスタッフの交流、
ワークショップの実験に当てています。
チームモファはよく、多数のイベントに関わってきた人に、
仲が良いとか、バックヤードがギスギスしていない、
と言われますが、このミーティング期間にひとりひとりの個性を把握し、
できる事、適する仕事を、フォローし合いながら動けるようにしています。

まず掃除をしながら、場の面白さを発見したり、子供が行ったら危ない所を直したり、
注意書きを作ったり、モファがストックしているワークショップの材料や、
道具などを数や、置いてある場所を把握します。
当日必要なものをどのスタッフも迅速に動いて用意することができるようになります。

e0128732_00253270.jpg
e0128732_00281425.jpg

ワークショップを実際実験的にやってみることで、
アーティストも、本番に向けてブラッシュアップでき、
スタッフも、どんなサポートが必要か、自分の頭で考えることができるようになってきます。

e0128732_00290869.jpg
e0128732_00294643.jpg
写真は辻村耕司「石を建てる」WS/5月2、3、4日にあります。時間決まり次第UPします。


この日はもうひとつ、廃材ちんどん用の、へんてこな楽器を製作しました。

e0128732_00321063.jpg
e0128732_00322035.jpg
廃材ちんどんは、期間中毎日、唐突に神出鬼没で始まります!!
ポイントはふたつ。鳴らすと楽しいこと。楽器に見えないくらいが面白いってこと。

そんなこんなで、初めに大掃除したはずなのに、また散らかって解散。(笑)
効率の良さが求められるこの世の中で、
効率よりも「あ〜楽しかった」で終われるミーティングをしているモファですが、
これが、当日、来場者さんを迎えるために一番大切にしている、
安全に楽しく自己表現を爆発させるための、スタッフ養成につながります。
準備期間に一番大切にしていることでもあります。

まだまだ、レポは続く →→→→

レポ by Miyaki

[PR]
# by open-art | 2017-04-09 00:44 | スタッフ日記

ビスケット(プログラミング体験)

ビスケット / Viscuit
(プログラミング体験)

e0128732_01322906.jpg
※講師は当日来る人と異なります


◎ワークショップ
「ビスケットで涅槃図」
定員:1回につき10名
内容:タブレットに絵を描いて、簡単にその絵を動かす指示=プログラミングを体験します。
今回、東光寺の涅槃図をベースに、不思議な生き物が集まってくる様子をみんなで作り出します!

===
ビスケット 略歴
ビジュアルプログラミング言語ビスケットは「誰でもプログラミングを体験してコンピュータの本質が理解できる」をコンセプトとして2003年にNTTの研究で原田康徳氏により開発されました。たくさんの人に体験してもらおうとプログラミングワークショップのファシリテータ育成が合同会社デジタルポケットにより行われています。



[PR]
# by open-art | 2017-04-08 01:41 | おてらハプン!参加アーティスト

野路井 邦充(立体ペーパークラフト)

野路井 邦充 / Kunimitsu Nojii
(立体ペーパークラフト)

e0128732_01191320.jpg

◎ワークショップ
「かみわざ」
対象:小学生以上 はさみでが輪郭線が切れる年齢ならOK
定員:5〜6名程度

紙を切って折っていくと動物や昆虫が出来上がります。

◎ライブ
「大きなかみわざ!」
野路井さんが、大きな、大きな、かみわざを見せてくれます。
(日時決まり次第UPします)

===
1954年生まれ 滋賀県彦根市
学生時代、1973年(頃)北岡謙典氏の紙の彫刻に出会う。1979年、稲葉光一氏と出会い、ペーパークラフト(かみわざ)を始める。デザインフェスタ(東京)、クリエーターズマーケット(名古屋)、クラフトアートフェア(姫路)、アートinナガハマ(長浜)、へムスロイド村まつり(湖東町)、勝負市(彦根)等に出展。
現在は夜な夜なSTARBUCKSにて己が業の修練に励む。紙以外も、木工、レザークラフト、彫金、陶芸等をそこそここなす所謂 器用貧乏。 


[PR]
# by open-art | 2017-04-08 01:24 | おてらハプン!参加アーティスト

万城目 純(身体表現 映像)

万城目 純 / Makime/Manjome Jun
(身体表現 映像)

e0128732_01054851.jpg
写真・美術 坂巻裕一
[マウロの翔飛]より

◎ライブ

5月4日 身体表現 

===
1957年生まれ 東京都新宿区在住
“身体と社会” を軸に、アートワーク、シアターワークで多種多様な表現を探求するアーチスト。
表現ジャンルは既成概念に囚われることなく映像・美術・演出・身体表現と多岐に及び、独自の理論に基づく作品を制作・発表。
映像作品は、イメージフォーラム・フェスティバル1997一般公募部門大賞受賞後、ロッテルダム国際映画祭、ICAシネマテイク、MHKA美術館(アントワープ)、バンクーバー国際映画祭、プロジェクト・UKIYO(ロンドン)に参加。
身体表現としても、パフォーマンス、ダンス、舞踏、演劇のカテゴリーを横断しつつ、国内外で活躍する。



[PR]
# by open-art | 2017-04-08 01:13 | おてらハプン!参加アーティスト