滋賀県守山市を中心に「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団!(旧・守山野外美術展運営事務局)HPはhttp://m-fat.org/
by open-art
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
カテゴリ
おてらハプン! TOP
ボランティア募集!
おてらハプン!参加アーティスト
イベントカレンダー
展覧会主旨
お知らせ
スタッフ日記
東光寺アクセス
すし切り祭
第8回おてらハプン!
第9回おてらハプン!
第10回おてらハプン!
第7回おてらハプン!
第6回おてらハプン!
第5回おてらハプン記録
第4回おてらハプン!
第3回野外展の記録
第2回野外展の記録
第1回 野外展の記録
幸津川の皆さんとWS
古民家再生
アートリンク
市民協力
メディア協力
メンバーの活動報告
出展要項
最新の記事
おてらハプン!2日目スタート!
at 2017-06-19 23:13
展示作品の紹介 古民家会場編
at 2017-06-19 15:19
展示作品の紹介 境内編
at 2017-06-19 12:55
初日のダンス公演 「踊らせて..
at 2017-06-17 01:29
初日のパフォーマンス公演 「..
at 2017-06-17 00:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 05月
more...
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ひつじかいの放牧日和
ホスピタルサーカスの日々
リヤカーツアー日記
コトコト橋
お寺 de アート in...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


空家 ~桜舞う~

本日は、午後から少しだけ手伝いに

空家の横の桜が満開です。

e0128732_23332153.jpg


展覧会が始まる頃は若葉になってるのかな?

e0128732_23382621.jpg


今まで眠っていた空家を、勢い良く緑が覆い始めました。
かわいらしい紫の花が咲き始めたし。

e0128732_2337671.jpg


今日は空家の奥で見つけた黒板で、看板を作りました。
「守山野外美術展事務局」

e0128732_2335121.jpg


窓にもチラシを貼って、イベントやりますアピールを少しづつ。

空家が目覚めてきた感じデス。
[PR]
# by open-art | 2008-04-11 23:30 | 古民家再生

第一回 守山野外美術展

e0128732_23533234.jpg


※イベント情報は「カテゴリー」<「イベントカレンダー」からチェックして下さい。
第一回 守山野外美術展 〜お寺 de アート in 東光寺

野外美術展とは、画家や作家が美術館から抜け出し自然や地域、人とコミュニケーションしながら、作品を制作展示したりパフォーマンスやワークショップを開催する展覧会です。
今回は1300年程の歴史を持つ、守山市の東光寺を舞台にして、お寺という環境を生かした意欲的な作品を発表します。

ボランティアスタッフ募集中(詳細はボランティア募集のページでチェック)

参加アーティスト
池上純子/井上信太/大島有香子/大林一哉/後藤實久/かよちんファミリー/林加奈/三原美奈子/怪談社/犬飼美也妃/川本哲慎/他

開催日: 2008年 4月27日(日)~5月6日(火)

時間: 9時~17時 (最終日16時30分まで)

場所: 日照山 東光寺 
     滋賀県守山市幸津川町1189

入場料: 無料

アクセス: JR守山駅下車  バス(小浜行き 又は あやめ浜行き)幸津川南下車
      (近江鉄道バス 小浜線 
時刻表) 

       車でお越しの方は名神栗東インターから、琵琶湖大橋に向けて走行する。
       洲本信号を右折し、通称「浜街道」(国道477号線)を北上。
       東光寺前を、この浜街道が通っている。
       (駐車台数 約30台)

マップ: 東光寺の場所(Googleマップ)     

お問い合わせ: 守山野外美術展実行委員会
           代表 川本哲慎
           Tel & Fax 077-585-2222  
           e-mail open-art☆excite.co.jp
           (上記の「☆」を「@」に変えて下さい。)


守山野外美術展実行委員会
代表 川本哲慎
副代表 犬飼美也妃


e0128732_011386.jpg

[PR]
# by open-art | 2008-04-10 02:44 | 第1回 野外展の記録

滋賀 アートスポット

滋賀県内では、スーパーから図書館まで、いろいろな場所にチラシを置かせていただきましたが、中でも、美術愛好家の方が楽しめるステキなアートスポットをご紹介したいと思います。

e0128732_17124982.jpg


滋賀はそれぞれがとても離れているので、順番に回るのは難しいですが機会があったら足を運んでみたい場所と言う事で。。。
今回やむを得ず行けなかった所も、日を改めて是非めぐりたいと思っています。


滋賀県立近代美術館

ギャラリー喫茶あるてぃ
HPは無いですが、守山駅からすぐ見える線路沿いのお店。
併設してカルチャー教室運営していてその展示発表もしています。
もちろん、外部の方にもレンタルしています。
2階建て民家風の店内は落ち着きます。特に2階は、我が家のようにくつろいでしまう。
ランチも何度か食べましたが、バランスの取れた優しいメニューです。
e0128732_16572250.jpg


ボーダレスアートミュージアム no-ma
魅力的な商人の町近江八幡にある町屋ギャラリーです。
障害のある人の表現活動と共に、一般のアーティストととのコラボレーションもあり、いつも興味深い企画をしています。

喜多利カフェ
e0128732_1705181.jpg

まだHPはありませんが、古民家を再生したオシャレなカフェ。
八幡掘りのかわらミュージアムの向かい側にあります。
アーティストの作品を見ながら、ゆっくりとお茶ができます。
e0128732_171756.jpg


成安造形大学内のカフェ「結」
成案造形大学の学生さん達が作った建物に、本格派レストランのブルーベリーフィールズ紀伊国屋さんが入り、本格的なカフェタイムを満喫する事ができます。
学校内にこんな贅沢な空間があるなんてうらやましい。
一般にも開放されています。
e0128732_172645.jpg

チーズスフレはフワッフワで美味しい☆
他、カフェご飯もいろいろと。


ギャラリー 風の門
草津の平和堂内にある画材屋さんであり、そのすぐ近くにギャラリーも運営しています。
額の種類も豊富で、店内でマット加工をしてくださるので、仕上がりが早く、
出展に時間が無く、どうしても困ってしまった時の駆け込み寺になってます。


栗東芸術文化会館「さきら」
コンテンポラリーダンスや演劇、コンサートに加え、アートイベントも行う、このあたりでは、群を抜いて斬新な芸術文化会館だと思っていつもチェックしてます。


Be-Cafe(栗東ウィングプラザ)
手作り感いっぱいの優しいランチや日替わりのケーキが魅力的なNPO法人が企画運営するコミュニティ・カフェ。子育て中の女性が親子で楽しめる場所。いろいろなカルチャー教室もやっているようです。
ホットジンジャーティーをいただきました。
風邪を引いていたのですが、すごくあったまって美味しかった。

高島の古民家カフェ「cafe Lac」
ここは、遠方からも、古民家ファンが訪れるようなカフェ。
ちょっと守山は遠いけどと言いながらチラシを置かせていただいたら、
「ここに来る方たちは、遠くても行く人ばかりだから」と頼もしいお言葉をいただいた。
とても好きなカフェだったのに、4月いっぱいで閉店だそうです。
閉店前に行けてよかったです。
e0128732_1784322.jpg

湖を眺めながら食べたのは、ヨーグルトムースがサンドされているシフォンケーキとオリジナルブレンドのハーブティー。

琵琶湖カヌーセンター
野外美術好きな人はアウトドアも好きな人が多い。
ということで、カヌーセンターの紹介。
せっかくの琵琶湖ですから、水遊びを楽しんでみるのもいいですね☆
e0128732_144029.jpg


滋賀のアートスポット、まだまだ色々探索中です。
[PR]
# by open-art | 2008-04-09 17:18 | アートリンク

京都アートスポット

遠方から守山野外美術展にお越しいただいた方、
帰りに京都の現代美術スポットを巡って行かれるのはどうでしょう?
と言う事で、私達がチラシを置かせて頂に回ったコースをご紹介します。
(展覧会は私が行った時に開催していたものです)

途中、移転していたり、うまくルートを作れなくて、やむを得ず飛ばしてしまったギャラリーも、また日を改めて行ってみたいです。

e0128732_1533384.jpg


春の京都でギャラリーめぐり。
たくさんの作家さんやオーナーさんとお話できて、楽しい1日になりました。

アートスペース虹「東端哉子 展」
みずみずしい色彩がとてもキレイで、是非作家さんにお会いしてみたい☆

ギャラリーすずき「佐藤よう展」
毒々しい色に光るプッチンプリンの空間。オーナーさんにプロの心構えを色々と学びました。

ギャラリーはねうさぎ
Room 1 「ひびくまで」
Room 2 藤原康子「-こわされた記録- installation」
作家の藤原さんとお話ができてとても楽しかった。切り裂かれたシュレッターのゴミなのに、白くて繊細でなぜか優しい空間。作家さんの人柄なんでしょうか。

ここでお腹がすいたのでちょっと休憩。
平安神宮の鳥居の手前の和喫茶でお昼ごはん。
e0128732_15532231.jpg



京都市美術館「うつわ考」

京都国立近代美術館「秋野不矩展」

ギャラリー恵風「小西 煕 展」
風景の中で考える脳がカリカリと音を立てているような作品。作家の小西さんともお話できました。

カフェ&ギャラリー エトワ
オープン前に言ってしまい、お茶ができませんでしたが、ライブなどもやっているカフェだそうです。是非一度足を運びたいと思います。

ヴォイスギャラリー
「加地舞個展」
「「想画考6 photography」写真展」
少し離れた場所にあるギャラリーですが、行く甲斐ありです。同ビル内に、デザイナーズショップもあり、オシャレなコーヒーショップもあり色々と楽しめます。
加地舞さんのきのこの作品は、色も質感もかなりツボで、また見たいと思いました。


ギャラリーなかむら「砂押かほる展」
やわらかい感覚に包まれるような空間。

ギャラリー三条「藤庭 賢一 個展」

立体ギャラリー射手座「そよか MOVE~カラダの景色展」
作家のそよかさんともお話ができてよい時間を過ごせました。身体の持つ魅力を自身の体を使って追求した作品。

同時代ギャラリー「IFAA/国際幻想芸術協会展」
一枚一枚見ごたえのある、幻想世界。吸い込まれます。

ここで疲れたのでちょっと一息。
同時代ギャラリー前のクレープやさんでイチゴミルフィーユ。
e0128732_17155860.jpg


ニュートロン「伊吹拓展」
カフェの中にあるギャラリースペース。空間もさることながら、伊吹さんの作品はかっこよかったの一言。 時間が許せば、視覚の刺激をもっとゆっくり楽しみたかったです。

ギャラリーアーティスロング「黒田峯夫展」
ファイルもじっくり拝見させていただき、色々とお話を伺えて学ぶ事いっぱいな良い時間でした。

京都芸術センター
小学校を改築したこの芸術センターは、美術、演劇など色々あって面白いです。
教室を利用したカフェのカプチーノパフェが絶品です。
e0128732_1542369.jpg


shin-bi「国際デザイン学生コンペティション作品展」
精華大が運営しているギャラリー&ショップ。色々なワークショップやイベントも行われているので要チェックです。京都シネマと同じフロアなので待ち時間にふらりと。

ギャラリーマロニエ
アートショップには、作家モノのステキな小物がいっぱいあります。行くたびに欲しい物が増えている。ちょっとしたプレゼント選びに最適なお店。


meno mosso
最後、ヘトヘトになった入ったお店が、大当たり。
世界中からこだわりのビールを集めたこのお店では、ロゴ入りの専用グラスでビールを飲ませていただけます。お料理も美味しいくてびっくり。
店長のお話も面白かったので、また行きたい☆
ライブなどもやっているそうです。音楽系が多かったけど、色々なイベントの情報も集まっていました。
[PR]
# by open-art | 2008-04-09 16:03 | アートリンク

第1回守山野外美術展 イベントカレンダー

※これは08年のカレンダーです。

第一回守山野外美術展のイベントカレンダーです。
各日のイベントを参照の上、遊びに来てください。

4月27日(日)    ●オープニング
             ●林加奈「紙芝居」
4月28日(月)    ●林加奈「紙芝居」
4月29日 (火・祝) ●三原美奈子ワークショップ「お菓子パッケージのひみつ」
             ●林加奈「紙芝居」
5月30日(水)    ●林加奈「紙芝居」
5月2日(金)     ●林加奈「紙芝居」
5月3日(土)     ● 怪談社 怪談ライブ
             ●三原美奈子ワークショップ「お菓子パッケージのひみつ」
5月4日(日)     ●かよちんファミリーパフォーマンス
             ●池上純子パフォーマンス
5月5日(月・祝)   ●池上純子パフォーマンス 
5月6日(火・祝)   ●犬飼美也妃パフォーマンス
             ●クロージング


以下のワークショップ(体験教室)プログラムは毎日、会期時間中いつでも開催します。

1、キラキラてぶくろを作ろう
2、私は宇宙のへそである

他にも色々企画中です。決まり次第、この「イベントカレンダー」に更新していきます。
野外作品は常時展示中。
[PR]
# by open-art | 2008-04-08 14:51 | 第1回 野外展の記録