人気ブログランキング |

m-fat (モファ) More Field Art Team !

松田博幸20分おきにひとつのパフォーマンス

4日のプログラムの中、静かなるメイン演目は、松田博幸さんの
「20分ごとに1つのパフォーマンス」でした。
朝10時から夕方4時までの6時間の間に計18回のパフォーマンスを披露しました。

e0128732_00531901.jpg
会場の一角で、それは密やかに淡々と、1日中、続けられました。
モファのオフィシャルカメラでも、全ては追いきれておりません。
その中の一部をごらんください。

e0128732_00564971.jpg

e0128732_00545226.jpg

e0128732_00563748.jpg
20分おきに、5分から10分程の脈絡のない行為を行います。
つながりを意識して構成したものではなく、事前に用意したいくつかのマテリアル(小道具)に誘われるように、次の行為が展開してゆきます。

e0128732_00565717.jpg
e0128732_00570723.jpg
脈絡のない連続した物語が、いつしか意味を持ち始めたり、意味のないままだったり、観客が勝手に哲学を感じたり、物語を想像して感動したり、様々なことが静かに進行します。

e0128732_00590715.jpg
今回とても不思議に感じたのは、遠くにいても、その気配を感じることです。
会場の一角で、何かが淡々と、展開し、進行し続けているという不思議な気配が、松田さんのパフォーマンスが始まるたびに流れてきます。

e0128732_00571897.jpg
e0128732_00573529.jpg
観客は、立ち止まったり、通りすがりにちらっと見たり、遠くの丘から眺めたり、いろいろなスタイルでみます。
パレードや、賑やかなワークショップの多いモファですが、静かに産み出されてゆく何かを、静かに見つめる時間も作ってゆきたいと思います。

レポ by Miyaki
Photo by 辻村耕司 他 スタッフ一同




# by open-art | 2019-09-12 01:11 | 第1回やまもりハプン 希望が丘

犬飼美也妃パフォーマンス「ブリージングハーモニー」

犬飼美也妃さんのパフォーマンスアート作品「ブリージングハーモニー/Breathing Harmony」は観客の皆さんとコミュニケーションをとりながら進行してゆく作品です。

e0128732_00291079.jpg
お客様、どうぞあちら側に、そして私はこちら側。赤い糸で仕切られた空間からスタートです。

e0128732_00300332.jpg

私たちが吐く二酸化炭素を使って、ここの葉っぱたちは光合成をしています。
さぁ、みんなで、呼吸のコミュニケーションを楽しみましょう。

e0128732_00304891.jpg
e0128732_00324724.jpg
e0128732_00334675.jpg
みんなで静かな息の合唱を終えると、今度は指揮者の犬飼さんの息に乗せて、ビニール袋が渡されます。

e0128732_00351771.jpg

e0128732_00353451.jpg
このように、みんなの息をください。
e0128732_00354332.jpg
e0128732_00363350.jpg
e0128732_00380274.jpg
私たちを分断していた赤い糸に、皆さんから頂いた息をつけてゆきます。たくさん、たくさん集まりました。
さて、ここからは、静かなアクションです。会場と同じように、ブログをお読みの皆さんも行為を見守ってください。

e0128732_00394939.jpg
e0128732_00395967.jpg
e0128732_00401400.jpg
e0128732_00404811.jpg
e0128732_00412201.jpg
e0128732_00413938.jpg
e0128732_00421691.jpg
e0128732_00425512.jpg
e0128732_00434591.jpg
e0128732_00440034.jpg
e0128732_00463981.jpg
観客の皆さんの息と、絡まり、戯れ、抱きしめ、最後は体を使って割って、全てを解放しました。
犬飼さんは、このパフォーマンスを世界中様々な場所でやっています。
様々な草木と、様々な人々と、呼吸のハーモニーを奏でながら、生きて消えてゆくのがライフワークなのです。
是非一度、生で体験しにきてください。

レポ by Miyaki (セルフレポはちょっと恥ずかしい)
photo by 辻村耕司、他






# by open-art | 2019-08-19 00:50 | 第1回やまもりハプン 希望が丘

山本彩織パフォーマンス

見事に晴れた今回のハプンにふさわしい、太陽の化身のようなパフォーマンスアート作品を披露してくれた山本彩織さん。
e0128732_23341017.jpg
この広い空間の中で、どこから見てもひときわ目立つギラギラのシートを持って登場

e0128732_23353256.jpg
e0128732_23354689.jpg
太陽の苦悩というか、自らその光に焼き尽くされながら進むようにも見える序盤のアクション
観客はそれぞれのスタイルで見守ります。
e0128732_23385031.jpg
e0128732_23373968.jpg
この不思議な物語は、新しいアクション、新しいアイテムによって少しづつ変容し、展開してゆきます。
その光景を見ながら、自分の中からどんな言葉が生まれてくるかを味わってください。

e0128732_23394576.jpg
e0128732_23440148.jpg
e0128732_23442093.jpg
e0128732_23442958.jpg
e0128732_23445049.jpg
e0128732_23451040.jpg
e0128732_23451738.jpg
e0128732_23452603.jpg
e0128732_23485476.jpg
e0128732_23492649.jpg
e0128732_23493852.jpg
e0128732_23494630.jpg
集中力の高い、とても素敵な20分間でした。
ぜひ、山本彩織さんのパフォーマンスを生で見てほしいものです。

レポ by Miyaki
photo by 辻村耕司 他









# by open-art | 2019-08-18 23:54 | 第1回やまもりハプン 希望が丘

しんちゃんママちゃんの親子パフォーマンス

下郡知子&シンさん親子、又の名を「シンちゃんママちゃん」による、親子パフォーマンスです。

e0128732_00465945.jpg

デュオや集団でのパフォーマンスアートというのは、即興で複数人が行為を重ねてゆく表現です。
呼応しながらお互いが行為する場合と、全く関係や繋がりのないことをする場合もありますが、
シンちゃんママちゃんは、お互いの行為に応えながら次の行為につながってゆくスタイルで、親子間の新しい会話の仕方のようでほっこりします。

e0128732_00483741.jpg
というか、初めから、来場者の子供が面白そうに近寄ってきます。ハプンらしい場面。

e0128732_00480085.jpg

e0128732_00493362.jpg
毛糸をぐるぐる巻きながら、何か始まります。坊やも仲間入り。

e0128732_00505744.jpg
e0128732_00511820.jpg
e0128732_00513657.jpg
赤い毛糸が張り巡らされた、制限のある空間を子どもたちは自由に駆け回ります。

e0128732_00523527.jpg
かくれんぼかな?ママちゃんを木にぐるぐる巻きに。

e0128732_00533122.jpg
なんだか、あっちこっちで、いろんな子が仲間に入り出して、いろんな人が、文字どおり、巻き込まれ始めた。

e0128732_00540856.jpg
e0128732_00544073.jpg
e0128732_00545944.jpg
e0128732_00551731.jpg
なんだか、狐につままれたような、楽しい時間を森の中で目撃。
今でもあの場所に行ったら、この人たちの楽しいコミュニケーションに、出会えるんじゃないかな?
と思います。

レポ by Miyaki
Photo by 辻村耕司 他




# by open-art | 2019-08-18 00:59 | 第1回やまもりハプン 希望が丘

倉田めば2時間パフォーマンス「Baby Tree」

今回のハプンでは、アーティストも様々なチャレンジをしました。
倉田めばさんは、ゆったりとした空間と時間を存分に使う新たな試みで
2時間の即興表現をしてくれました。

e0128732_13211469.jpg

約束の時間を目指して、やまもりハプンガイドツアーをしながら来場者さんたちと歩いてゆくと、
木に、不思議なメモ書きを発見。

e0128732_13214288.jpg
子ども達が「あっちにも!」「こっちにも!」と発見しながら駆け寄ります。
e0128732_13220270.jpg
そして音読しながら進みます。

e0128732_13231961.jpg
書いている人を発見

e0128732_13234925.jpg
e0128732_13255180.jpg
静かに!って書かれた。(笑)
なんだかんだ読んだり、他の展示作品に気を取られていたら、めばさんを見失いました。
そしてみんなで探します。どこ行ったかなぁ????いた!!

e0128732_13265716.jpg
e0128732_13272221.jpg
通常のパフォーマンスアートではありえないくらいにオーディエンスが近い。
パフォーマンス中に会話が生まれたりもします。
こういう状況、良し悪しありますが、アーティストたちは柔軟に対応してくれました。

ここから即興でインスタレーションを作ってゆくかのような2時間。

e0128732_13303655.jpg
e0128732_13304518.jpg
観客は、ピクニックしながら見たり、離れたり、一瞬遭遇したり。いろいろなスタイルで出会います。

e0128732_13312532.jpg
e0128732_13313301.jpg
e0128732_13334145.jpg

e0128732_13314122.jpg

e0128732_13322575.jpg
写真を撮るのも楽しくて、みんなが撮ってゆきます。

e0128732_13325474.jpg
e0128732_13332146.jpg
e0128732_13360650.jpg

e0128732_13352952.jpg
e0128732_13350705.jpg
この後、森の奥深くへ消えて行っためばさん。
e0128732_13364464.jpg
そして、私が次に遭遇したのは、本部テント前??

e0128732_13400672.jpg
この中間の目撃情報お待ちしております!!!!

そして、出来上がったインスタレーションはとても刺激的で、
次回があるとしたら、そのまま展示という方法も考えたいと密かに思うのですが、
即興と展示としての設置は、仕組みが全く違い、耐久性や環境への影響などを考えると、
削ぎ落とされてしまうものが沢山あります。

即興表現ならではの、新鮮で刺激的なインスタレーションを見るという意味でも、
注目してほしい時間でした!

レポ by Miyaki
Photo by 辻村耕司 他(スタッフ総出で撮影)





# by open-art | 2019-08-16 13:44 | 第1回やまもりハプン 希望が丘

滋賀県守山市を中心に「やまもりハプン」や「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団。HPはhttp://m-fat.org/
by モファ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル