m-fat (モファ) More Field Art Team !

ダンス以前 小林三悠 / 2013

小林 三悠 / Meyou KOBAYASHI
(ダンス以前)

e0128732_11385858.jpg

※写真は2012年の個舞展 栖の瞬間でのパフォーマンス。(撮影:辻村耕司)

1998年オリエンタルランドエンターテイメント部に勤務する。
2002年California Institute of the Arts 舞踊科卒業。
2008年ハワイ州フェルデンクライストレーニング卒業。
2009年京都に移住 .___/dance izenダンスの生まれる前の感覚、感情、思考を丁寧にひろうダンス形態を主に活動を開始。
2010年上徳寺にて 身体と環境のワークショップ企画主催
2011年西陣ファクトリーGARDENにて 光とコミュニケーションのプロジェクト企画・出演
2012年町家人と生活研究所 音と植物と、、、にて 個舞展 栖の瞬間(椿井の女物語と共に)
2012年京都左京区エリア 新対話ユニット音舞と脱個【決断のプロセス】参加者と対話&作品ショーイングの会定期開催
2013年虚白院にて 定期掃除道場主催 日身モード・米身モード研究開始

多感な時期を海外で過ごしたため欧米的感覚の表現や生活習慣を基礎として身につけました。
渡米中、能楽、舞踏、フェルデンクライス、合気道、霊氣等日本の智慧に逆輸入する形で出会い、日本人として日本の感覚をもって再度日本で生活してゆきたいと思いました。仕事上子供たちに関わるが多かったので、自分が次世代に何かを伝えようと思ったとき、なにひとつ日本的な表現方法で伝える物を持ち合わせていない自分に驚き唖然とするとともに焦りのようなものも感じ始めました。そこで、自分の根っこづくりをすべく表現者として、教育者として京都に移住し伝統的なものに触れなおそうと3年前から生活しています。
ダンス以前の活動としては、今は、文化、国籍、教育的背景を全て取り除いた時に立ち現れる人の行動や思考回路に興味があります。

「声明でおどる」「水子さんとおどる」 / ダンス以前
5月3日 14:00〜
5月5日 15:00〜

「庭の住人」 / ダンス以前  
5月4日 終日
音舞と脱個 即興対話ユニット 小林三悠+赤阪正敏

「無縁は無限大」 / ワークショップ
5月3、4、6日13:00〜
5日 10:30〜

子供たちに縁もゆかりもないように思える祖先でも自分たちと繋がっていて感謝の意を伝えるのが大切だと感じてもらう。お寺ハプンが終わっても無縁仏に子供たちが好きな時にお寺に訪れ花を手向けたり、周辺を掃除する習慣が身に着くようにする。



by open-art | 2013-03-12 11:45 | 第6回おてらハプン!

滋賀県守山市を中心に「やまもりハプン」や「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団。HPはhttp://m-fat.org/
by モファ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル