人気ブログランキング |

m-fat (モファ) More Field Art Team !

カテゴリ:参加アーティスト( 16 )




速報!まーぼう(手作り楽器WS)さんが5月5日に来てくれます!

まーぼう/ Mabow
(身のまわりの物で楽器をつくろう)
風の吹くまま、気の向くまま、"ふうりんぐ"で遊びましょう。
e0128732_23220804.jpg


◎ワークショップ

5月5日(日)
終日
WS対象年齢 3歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 無制限

まーぼうさんが持って来てくれた、どこのご家庭にもあるような色々なものを使って、
楽器を作ります。楽器を作って、モファチンドンに参加しましょう〜〜。

===

1939年生まれ 大津市在住
国内外(韓国、中国等)で活躍する「音楽劇団てんてこ」主宰。
てづくり木工「てのひら工房」
木のおもちゃ、楽器、音楽、など、あらゆる物を産み出す魔法のてのひらの持ち主。

e0128732_23312194.jpg




by open-art | 2019-04-24 23:32 | 参加アーティスト

モファちんどん(みんなでセッション)

モファちんどん / m-fat ChinDon
(みんなでセッション)

e0128732_00560000.jpg

◎パレード!

モファのハプン!では、毎回最後にみんなで作ったものをお披露目しあって、アーティストたちと共にセッションします。
作品を掲げながら歩いたり、身につけたり、踊ったり、声を出したり、音を鳴らしたり。
ハプンで1日いろんなワークショップを受けると、最後は自然に体も心も動けるようになっています!
今回は4時から各場所で遊んでいる人たちを迎えにいきながら、ChinDonがパレードして回ります。
これが楽しい1日の終了の合図にもなります。是非とも最後のセッションに参加して、作ったものをお披露目していってください。
(注:4時から以外にも、気分がノったらどこかから音がし始めるかもしれません。是非、そんな時は参加してくださいね!)




by open-art | 2019-04-11 13:35 | 参加アーティスト

犬飼美也妃(行為と痕跡)

犬飼 美也妃/Miyaki Inukai
(行為と痕跡)
希望が丘の空気をつくろう。みんなですってはいて。
e0128732_13011847.jpg
◎展示
「すってはいて in 希望が丘」
会期中常設
e0128732_13252115.jpg

◎パフォーマンス
「ブリージングハーモニ」
日時未定決まりしだいUPします

◎ワークショップ
「息のカタチ」
5月3日〜5日(会期中毎日)
時間未定(決まりしだいUPします)
対象年齢 0歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 無制限

e0128732_13250349.jpg

===

1972年生まれ 守山市在住
モファのハプン!の仕掛人。
98年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
在学中より「行為」の魅力に取り付かれパフォーマンスアートを始める。
アジア、ヨーロッパ等、国内外のパフォーマンスアートフェスティバルに参加。
館林美術館の企画展にてその軌跡を発表。個展、ソロ公演、等多数。
守山、草津にて多様な芸術教室やワークショップを開催しています。

e0128732_22420494.jpg
コメント:
この、「すってはいて」のインスタレーションシリーズは、1997年からはじめました。
「私は今ここにいる。いつでもどこでも、息するイキモノ」というコンセプトのもと、
大学のアトリエからスタートし、アヒル池の前、ムサビ地蔵の桜の木の上、
そして、都庁前でやった際は警備員に止められ、豊川の河川敷、宮路山、豊橋の表浜、
名古屋、銀座、国立の自宅、ウブド、ジョグジャカルタ、ソウル、ブザンソン、ミュールーズ、ディジョン、ケベックなどなど、
地球上の至る所で、様々なシチュエーションの元、やってきました。
始めた頃は、「息をしているだけでも十分地球の役に立っている」と思いながらただひたすら、植物が生産した酸素をもらい、
それによって私が生産した二酸化炭素を溜め続けて一気に解放する。
というものでしたが、やっていくうちに人との交流が生まれ、感情が動き、息は無形のものだけど、
一呼吸一呼吸、色や形が違うような気がしてきました。
今回は、希望が丘で出会った人々と、希望が丘の植物がが生み出した酸素をいただきながら
様々にきらめく息を、作っていきたいと思います。





by open-art | 2019-04-11 13:26 | 参加アーティスト

三原美奈子(パッケージイグルー)

三原 美奈子/Minako Mihara
(パッケージイグルー)
楽しいことに全力!体当たりでハプン!
e0128732_11591242.jpg
◎展示
「鳥たちのパッケージイグルー」
会期中常設

◎ワークショップ
「パッケージイグルー」
5月3日から5日(会期中ずっと)
対象年齢 0歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 無制限

e0128732_11535447.jpg

パッケージイグルーは、パッケージデザインの魅力やその存在の周知を目的に、使い終えた食品の空き箱を集めて造形物を作るワークショップです。
===
1969年生まれ 大阪市在住
パッケージデザイナー。モファ事務局デザイン・会計担当。京都精華大学美術学部デザイン学科VCD専攻卒業。デザイン事務所勤務を経て2010年よりフリーランス。(公社)日本パッケージデザイン協会理事。京都造形芸術大学非常勤講師。今秋にはパッケージデザイン×印刷加工のイベント「包装族」も開催予定。

e0128732_22203249.jpg

コメント:
食品パッケージの空き箱で鳥の巣のようなものを制作し、木の上に設置します。
鳥たちは落ちている枝や樹木、葉など、捨ててあるものを拾って自分たちの棲家を作ります。これは捨てるはずの箱で作るパッケージイグルーと同じです。
今回は、人間が生み出したゴミであるパッケージを材料に鳥の巣を作ります。
人間が制作した印刷物は自然の中でどう見えるのか、違和感しかないのか、鳥たちに役立つことはないのか、考えてみたいと思います。






by open-art | 2019-04-11 12:10 | 参加アーティスト

山本彩織(「衝動とあそび・パフォーマンス」)

山本 彩織/Saori Yamamoto
(「衝動とあそび・パフォーマンス」)
◉非日常を求めて日々うろうろ。今日はここで・・・
e0128732_13361986.jpg
◎ LIVE / パフォーマンスアート

この場所だからこその表現が生まれる!
5月4日(土)
時間は決まりしだいアップします

◎ワークショップ

「木木(もくもく)の島 〜パワースポット in 希望が丘〜」
5月3日〜5日(会期中ずっと)
対象年齢 0歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 常時8名程度
e0128732_13412439.jpg

木下にのんびりお絵描きできる場所を作ります。
森で拾ってきたものを描いたり貼ったりしてもOK!

===
1989年生まれ 大阪府在住
多摩美術大学/油画専攻卒業。
学生時代は肉体の美しさや身体表現の魅力にはまり、絵画・写真・パフォーマンス作品を制作。2014年より関西でアートイベントや画材関係のWS講師、イラスト制作、各種企画やフェスティバルなどのスタッフとして従事。ニパフ’14大阪公演出演。2017年より福祉の現場に活動の幅を広げる。モファにはインスタレーション・創作WS・パフォーマンスアート・踊りなど多面的な参加をして楽しんでいます。

e0128732_22425637.jpg

コメント:
木下にのびのびお絵描きできる居場所を作ります。
木を下から見上げて絵を描くことってなかなか無いかも?
みんなで木の下に寝っころがって観察するところからはじめます。
枝や葉っぱの広がり、形、差し込む太陽の光や風、見て感じてイメージをふくらませて
自由に気持ちよく絵を描いて楽しみましょう。
森の中で見つけたものを、描いたり貼ったりしてもOK.
自然の中ならではの表現遊びを探してみましょう。

ワークショップの他、チンドンやパフォーマンスなど、身体表現でのセッションも積極的に参加します!
みんな一緒に遊ぼう!

神様も出現するかも!お楽しみに!!!
e0128732_13493889.jpg






by open-art | 2019-04-10 13:50 | 参加アーティスト

松原佳代(「編み」の立体造形)

松原 佳代/Kayo Matsubara
(「編み」の立体造形)
ここで自分は何を見て何をするか?楽しみです。
e0128732_13050504.jpg
◎展示
「希望が丘の草木をとらえる」
5月3日〜5日(会期中常設)

◎ワークショップ
「希望が丘の森を"編む"」
5月3日〜5日(会期中常時 終日)
対象年齢 0歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 無制限

e0128732_14250536.jpg
落ちているものを拾い集め、広げた布に並べる。
それで何ができるか考え、作る。
つまり、あなたが拾ってきたものでやりたい事、作りたいことをアーティストの松原さんがサポートしてくれます。
写真は1例の花輪ではなく「葉輪」

===

1976年生まれ 滋賀県大津市在住
2007年 京都インターアクト美術学校卒
「編む」という方法とそれによって成り立つ形に興味があります。かご編みや織りの方法に取材してそこから抽出、再構成した「編み」技法でどのような形が立ち現れるかを実験しています。

e0128732_22433272.jpg

コメント:
展示に関しては、梱包用資材のいわゆるPP=ポリプロピレンを使います。
元来、荷を包むための工業製品で形作った「容れもの」に、その場の風景を入れるという意図で展示を試みます。
ワークショップは、森を見て、触れて、その形を知るという体験を、「編む」という行為を通して、自分の身体に落とすことだと思います。






by open-art | 2019-04-10 13:21 | 参加アーティスト

辻村耕司(森の中の写真展)

辻村 耕司/Koji Tsujimura
(森の中の写真展)
芝生の広場でのイベント、楽しみましょう!

e0128732_12455389.jpg

◎展示
「森の中の写真展」
5月3日から5日 (会期中常設)

◎ワークショップ
「森の守り神プロジェクト」
5月3日(金)、4日(土)、5日(日)
時間未定(決まりしだいUPします)
対象年齢 小学生以上
定員 1回につき5人
e0128732_12574734.jpeg


===
1957年生まれ 滋賀県野洲市在住
本業は写真家、(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
モファに参加してからいろんな人との交流が始まり、何だかわからない人になりました。

e0128732_22451871.jpg

コメント:
森の樹々の間に写真を吊るして展示します。
写真に誘われ樹木に近づき、自然を感じてもらえればと。
そして、ワークショップ「森の守り神プロジェクト」
河原の石に小さな石、枝、木の実をくっつけて”守り神”とし、好きな木の根元に置いてくる。
守り神に会いに、度々希望が丘に訪れてくれればいいなと思います。




by open-art | 2019-04-10 13:00 | 参加アーティスト

草笛由美子(草木染め造形)

草笛 由美子/Yumiko Kusabue
(草木染め造形)
時代が変わる中、私の作品は、過去と未来の、私とあなたの架け橋となる。
e0128732_23181480.jpg
◎展示
「架け橋」
5月3日(金)から5日(日)

◎ワークショップ
「あなたとわたしの架け橋」
会期中、草笛さんがいたら、作品を一緒に増殖させてゆくことができます。
ぜひ、見つけてください!
時間未定
対象年齢 小学生以上
定員 無制限

===
1949生まれ 滋賀県守山市在住
16歳から28歳まで油絵を描く。
京都にて染色の仕事をしながら、四条円山派の水墨画を学ぶ。
自分で染めた布で空間アート、舞台美術、衣装などを学ぶ。
神社、寺院、ホール等で展開。東日本大震災以降、命、生きがい、未来の希望、人の縁を念頭に、
地元、出身地のアートなまちおこしに動き出しました。

e0128732_22443607.jpg

コメント:
時代は変わる。
歩いた道は、人と人、時と時代をつなぐ架け橋となる。
人の命はいつか終わるけれど、生き様の中から生まれ表現された作品は、
時と共に過去、今、未来へとつなぐ




by open-art | 2019-04-08 23:27 | 参加アーティスト

倉田めば(パフォーマンスアート)

倉田 めば/Meba Kurata
(パフォーマンスアート)
大きな空間の中で流れる私の時間感覚
e0128732_23075623.jpg
◎ LIVE / パフォーマンスアート

5月3日(金)
2時間
(時間が決まりしだいUPします)

◎ワークショップ
「言葉のコラージュ」
対象年齢 小学校3年生以上

定員 15名程度
所要時間1時間半程度
(時間決まりしだいUPします)

複数の異なったテキストコピーを任意に切って並べ(あるいは書き出し)
詩を作ります。

===

大阪市在住
16歳〜21歳くらいまで詩を書いたり朗読をしていた。
アングラ色濃い大阪の学生演劇に出たり、東京で8ミリ映画を製作していた。
23歳の時、プロのヌードカメラマンになり、仕事での写真撮影のみに専念するようになる。
10年前にパフォーマンス・アートに出会い、NIPAFやおてらハプン!等でパフォーマンスを行なっている。


e0128732_22462323.jpg






by open-art | 2019-04-08 23:15 | 参加アーティスト

松田博幸(パフォーマンスアート)

松田 博幸/Hiroyuki Matsuda
(パフォーマンスアート)
何かをすることで普段とは違う景色が見えてくるような体験をみなさんとわかちあいたいと思います。
e0128732_22440706.jpg
◎ LIVE / パフォーマンスアート

「20分ごとに1つのパフォーマンス」
5月4日(土)
10:00スタート
毎時 0分、20分、40分になると、
パフォーマンスを始めます。

◎ワークショップ

「パフォーマンスアートをやってみよう」
5月4日(土)13:00~13:40
この40分間は、皆さんも一緒にやってみましょう!
対象年齢 5歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 無制限

===

1961年生まれ 大阪府堺市在住
市役所で生活保護ケースワーカー、精神科病院でソーシャルワーカーとして勤務した後、大学院入学。
1996年より大学教員(ソーシャルワーク論)。
2010年に「ニパフ」(日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル)に観客と
して参加し、パフォーマンス・アートに出会う。2014年からパフォーマンス・アートを
始める。以来、「ニパフ」関連のイベントに参加している。最初は口腔内で音を出すパ
フォーマンスをしていたが、最近は食べ物を使うパフォーマンスをするようになる。今
後どうなるのかは不明。

e0128732_22475359.jpg
コメント:
10時から16時まで20分ごとに3~5分の小さなパフォーマンスをします。
毎時0分、20分、40分になるとパフォーマンスをします。
毎回違ったパフォーマンスをします。





by open-art | 2019-04-08 22:53 | 参加アーティスト

滋賀県守山市を中心に「やまもりハプン」や「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団。HPはhttp://m-fat.org/
by モファ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル