人気ブログランキング |

m-fat (モファ) More Field Art Team !

カテゴリ:古民家再生( 10 )




空家 ~仕上げに入りました~

さてさて、旗ができました。
浜街道沿いに、この旗を立てます。
みなさん、それを目印に来てくださいね☆

e0128732_21132677.jpg


今日はイベント告知のチラシができたので、午前中はそれを配りに出回って、空き家に着いたのはもう夕方。
ほんの2時間ほどのお手伝いでした。

e0128732_21144173.jpg


最後の難関だった1番奥の部屋の床も貼れました。
明日は、ここに、平面作家の大林氏が搬入にやってきます。
間に合った。良かった。

その後、記帳台を作ったり、美術系のチラシを貼ったりしながら、雰囲気を作ってみるも、まだしっくりこず。

私は、自分の作品の心配事もあって、少しお庭を観察していたら、かわいいもの発見。
花壇から渦巻きが生えてる。
このぐるぐるなんだ??

e0128732_21173672.jpg


さて明日は、守山市民新聞の取材の方が来てくださいます。
バシバシ、宣伝してもらっちゃおう☆



by open-art | 2008-04-18 21:27 | 古民家再生

空家 ~ウエルカムモード~

お客様を迎えるために、そろそろ空き家の外回りもきれいにしなければ。

まずは暖簾をつけてみた。

e0128732_2144371.jpg


一気にウエルカムな雰囲気が出てきたと思いません?

塀を伝うツタが芽吹いてきたので、根が切れて、もう再生しないものと、生きているものの違いが見えてきました。なので、絡んだツタを整理して、芽吹かないものをはがしていきます。
はがしたツタは何かに使えそう☆

e0128732_215389.jpg


ぐるりと草を抜いたり、車道へあふれかえっていた花壇の土を取り除いたり、
この日は、たくさんの小さなカエル君に会いました。
明日は雨降りかな~?

そして内装も、だんだん仕上げにかかります。
扉の壊れた食器戸棚の目隠しに、布を選びます。

e0128732_2165938.jpg


川本氏はうねうねと、壁に伝う、今は使われていない配線関係を取り除いています。
まるで、外壁のツタを払う作業と似ていて面白い。

e0128732_218335.jpg


展覧会オープンまであと一週間。
あらためて、準備に必要なものなど、書き出してみたらあせってきた。。。。

ということで、私は一足お先に家に帰り、会期中、会場の目印にする旗を作ることに!
う~~ん。明日1日で何枚できるかな~~??

e0128732_21103060.jpg




by open-art | 2008-04-18 21:11 | 古民家再生

空家 

今日もお手伝いに。

縁側から入っていくと川本氏が!
「コレ、動くよ」
と。

e0128732_23414755.jpg


空家の奥に置き去りにされていたオーディオ。
なんと、レコードプレイヤー。

e0128732_23424144.jpg


「ダメもとで、針変えてみたら、音が鳴った」

うわ~~~。
実は映画音楽的なレコード全集も置き去りにされていたので、レコードもいっぱいあります。

「ダンスホールみたいな音がする」(笑)

良い雰囲気でお掃除。

なんと、川本氏が床板にワックスを塗っておいてくれたので、
台所が見違えるようにかっこよくなっている!!

e0128732_23445553.jpg


ほんとうにご苦労様です。

e0128732_23452185.jpg


私はほとんど表面的なお掃除と、あふれているモノのお片づけを手伝っているのですが、今日は食器戸棚の中からかわいいグラス発見。

e0128732_23463680.jpg


特に、真ん中の明治のMILKのグラスがかわゆい☆

うららかな陽気、日に焼けそうな台所で、眠くなりながらの平和なお掃除でした。

なんていってるうちに、あと、1週間ちょっと。
間に合うのだろうか!



by open-art | 2008-04-15 23:49 | 古民家再生

空家 ~桜舞う~

本日は、午後から少しだけ手伝いに

空家の横の桜が満開です。

e0128732_23332153.jpg


展覧会が始まる頃は若葉になってるのかな?

e0128732_23382621.jpg


今まで眠っていた空家を、勢い良く緑が覆い始めました。
かわいらしい紫の花が咲き始めたし。

e0128732_2337671.jpg


今日は空家の奥で見つけた黒板で、看板を作りました。
「守山野外美術展事務局」

e0128732_2335121.jpg


窓にもチラシを貼って、イベントやりますアピールを少しづつ。

空家が目覚めてきた感じデス。



by open-art | 2008-04-11 23:30 | 古民家再生

空家 ~中心から細部まで~

細部にこだわり始めた、空家お掃除部

窓枠の木の部分、かなり色々なしみがついて見苦しかったので、
サンドペーパーでこすっていきました。
ワックスみたいなもの塗った方が良いのかな?

e0128732_1551112.jpg


一方、川本氏は

e0128732_15514094.jpg


家の一番大事な部分、中央の敷居が危ない状態だったので、思い切って外す事に。
ここに、新たに丈夫な木をはめ込みます。
たぶん、この、再生作業で一番大事な仕事です。
真剣にやってます。

e0128732_15533439.jpg


植物は春の風を受けて、グングン伸びます。この空家も夏には緑の館に。。。
根を切ったはずのツタにも芽が。。。。

e0128732_1555333.jpg


畳をはがした家の中を歩くのは、綱渡りのようで面白いです。
ずいぶん、スイスイと歩けるようになってきました。

e0128732_15554530.jpg


先日発見された、下水に関する深刻な問題。
配水管が水漏れしていた件も、本日解決。

e0128732_15575593.jpg


なんども、バケツの水を流してみて、漏れが無いかを確認。
そのたびに、窓からひょいと覗いたすぐ目の前の川(排水溝)に流れ出すのが見えます。
そんな私を観ているネコちゃん。カワイイ

e0128732_15594268.jpg


この、空家再生を手伝ってみて思うのは、やれば何でもできるなぁと言う事。
「さて、困った。大家さんに電話しなくちゃ!」
と言う発想から、
「ホームセンターで部品見てこよう。」
に変わりつつある今日この頃です。



by open-art | 2008-03-27 15:51 | 古民家再生

空家 ~エコ掃除宣言~

お手伝いレポです。

今日は気持ちのいい天気。
バケツの水が冷たくても平気になってきた。

風も穏やかで、お日様も暖かなこんな日は、干し日和。
まだ干せていなかった畳を全部外へと運ぶ。8枚?9枚?
それくらいあった。

e0128732_22404190.jpg


叩けば叩くだけほこりが出てくる。
きりが無いです。

これで、1回の畳はすべて干したことになります。だいぶスッキリしました。
いらないものもどんどんゴミとして外へ運び、玄関から中へ入れるようになりました。

e0128732_22561548.jpg


おおっ。
トイレの前に草を発見。
e0128732_2243462.jpg


日も刺さないこんな場所で、がんばって生きてます。
コレは天然生け花としてこのままにしよう。


一方私は、エコ掃除宣言。

少し気になっていたこと。
それは、この家の排水システムは、下水がそのまま、家の裏の排水溝に流れていく仕組み。
その排水溝には、緑の水草が生えているし、人さえ住んでいなければ、雨水くらいなので、それなりに澄んだ水が流れている。
この環境を少しでも残したいので、なるべくナチュラルな排水(?)を流すように心がけたい。

と言う事で、重曹でお掃除!

e0128732_22482595.jpg


重曹水とペーストでほとんどの汚れはおちます。
かなりひどいことになっていた、シンクの裏のこの壁も真っ白に!

e0128732_2258898.jpg


市販の住宅用洗剤に負けず劣らず、水性の汚れも油性の汚れも落ちます。
もっといえば、曇ったガラスのコップなんかもピカピカになるし、湯飲みの茶渋もとれちゃいます。その上、お料理にも使うほどですから、地球にも優しい。

皆さんも是非お試しを。

仕上げは床を米ぬかで磨きます。
e0128732_22525762.jpg


これは、手ぬぐいで作った袋に米ぬかが入っているそうです。
東光寺さんにお借りしました。

その上今日は、前回見つけた、配水管の問題が、まだ解決していないため、
バケツに汲んだ水を大事に使いながらのお掃除。

完璧なエコ掃除でした。

(レポ by Miyaki)



by open-art | 2008-03-25 14:38 | 古民家再生

空家 〜見えない所に〜

お手伝いレポです。

今日は日差しは春だけど、風が強い。
お墓側から吹きつける強風っ。窓がガタガタいうので、そちら側は閉めました。

e0128732_225094.jpg


床の補強も3部屋目に入りました。
床板を剥がすのも慣れたものです。

あ。床下に絵が!
e0128732_2255843.jpg


先人の暗号?絵文字?と思いきや、川本氏のいたづら。

この後、床下から3つの火鉢発見!
なぜ?床下に。。。
見えない所にお宝が隠してあったりして。

私の方は、台所の掃除を徹底的におこなっている最中に、排水溝に難有りなのを発見。
しかたなく、配水管を取り外して、シンクを動かしてと、思いのほか大仕事に。
っていうか、シンクって動かせるんだ!

そのかわり、普段は隠れてしまう裏の裏まで、掃除することができました。

シンクに隠れてしまう位置にある洗面台の金具が可愛い。
e0128732_22185860.jpg


そうこうしているうちにお昼ごはんのお時間。
おばあちゃんが作って下さった干したカブのお味噌汁がとても美味しかった。
お彼岸にはこのお味噌汁を作るしきたりがあるらしい。

e0128732_22132813.jpg


ピンぼけ!と思ったあなた、画面から少しずつ離れて行って下さい。
真ん中に小さなネギのハートが見えてきます。

愛とは、少し離れた方がよく見えるもの。という事を学んだお昼でした。(笑)

今日のお手伝いはお昼まで〜。

(レポ by Miyaki)



by open-art | 2008-03-21 22:19 | 古民家再生

空家 〜宝探し〜

お手伝いレポです。

今日は雨降り。しかも土砂降り。
予定していたバスに乗り遅れて、結局川本氏に迎えに来てもらう事に。

寒いので、まずは火鉢に火を入れてスタート。

e0128732_0373893.jpg

川本氏は床を補強し終えて、畳を敷くために掃除機かけてます。

が、最後の1枚を入れるのにかなり苦労しました。
e0128732_11173.jpg


私はと言うと、拭いたばかりの廊下がすぐに水浸しになるので、不思議に思いながら何度も拭いていると、ふいにバシャっと頭から水をかぶる!
「な!なんだ!!」
家の前を通る車があげる水しぶきが、なんと低い塀を越えて廊下にかかっていたのでした。びっくり!
e0128732_0402632.jpg


そうそう、これ、何かわかりますか?
e0128732_041289.jpg


前回、大まかに、家の中に生えているツタの類いを剥がしたのですが、これ、ツタの巻きヒゲとその吸盤の残骸です。ちょっとやそっとじゃ剥がれません。
人工物で、このサイズ、この細さのモノを作っても、こんなに吸引力の強いもの、作るの難しいんじゃないかな?命がけのしがみつきですからね。

そしてお昼休憩。
e0128732_049241.jpg

川本家から差し入れが。
お味噌汁と、お婆ちゃんが漬けたお漬け物。
昭和な空家で食べる、昭和なお昼ごはんはステキです。
ごちそうさまでした。
ちなみに、持っていたベーグルにお漬け物挟んで食べたら意外とイケた!

午後からは、奥に隠れていた鏡台や机を磨いていたら、色々とかわいいモノを発見。
e0128732_050920.jpg


あ。お気づきでしょうか。この空家の裏はお墓です。
一面のOHAKA VEW を楽しめるカフェスペース作って、メメントモリする計画を立てたり立てなかったりです。お楽しみに。

他にも、テクマクマヤコンな可愛いコンパクトミラーが数個出てきて、元家主の少女な趣味が伺えます。気が合いそうです。好きな世界です。

いろんなモノを見つけると、いろんなイメージが膨らんで、めくるめく想像の世界に飛んで行きます。家の中から出てきたモノを使って、何か作品を作ろうかな?

今日も楽しいお掃除でした。

(レポbyMiyaki)



by open-art | 2008-03-19 19:25 | 古民家再生

古民家再生 01

e0128732_2281735.jpg

古民家を美術館にしようと考えている。

この古民家は、本当は寺の駐車場になる運命だったのを「何かに利用するから。」という理由で潰さないでもらっていたが、いったい何の為に使えばいいのか迷っていて、なかなか修理する気にならなかった。

しかし、ある時、愛知県で参加した江島橋野外展や、新潟まで見に行った大地の芸術祭を思い出して、野外展を守山で開きたいと決意し、守山野外美術展を開く事にした。

野外美術展とは、野外で子供が石ころに絵を描いたり、葉っぱで作ったお面を被る様な自然と遊んでいる感覚を基にして、子供まから大人まで、主婦から芸術家まで、今の自分のしがらみや立場やプライドなんかも抜きにして、作品を作る楽しさを感じようとするものです。そんな野外美術展を、お寺で開催するという新たな試みに出る事にしたのです。



by open-art | 2008-03-18 02:34 | 古民家再生

空家 〜植物の住む家〜

今日は展示に使う空家の、掃除&修理を手伝いに行きました。
e0128732_0205676.jpg


管理人の川本氏が、事前に電気やら水道やらを、なんとかしといてくれていたので、スムーズに手伝えました。畳をあげて外に干して、ふいて、叩いて、結構楽しい!
小春日和の掃除日和。

畳って結構重いんだー!腕筋つきそう。

室内まで、つた生えてたり、壁の隙間から何かの茎が出てたりするの見てると、家の概念が変わってくる。
e0128732_0211897.jpg


しばらくの間、人じゃなくて植物の住んでいた家。
e0128732_0214062.jpg


お邪魔します。ごめんなさい。というキモチで。

(レポ by Miyaki)



by open-art | 2008-03-12 19:15 | 古民家再生

滋賀県守山市を中心に「やまもりハプン」や「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団。HPはhttp://m-fat.org/
by モファ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル