人気ブログランキング |

m-fat (モファ) More Field Art Team !

辻村耕司(森の中の写真展)

辻村 耕司/Koji Tsujimura
(森の中の写真展)
芝生の広場でのイベント、楽しみましょう!

e0128732_12455389.jpg

◎展示
「森の中の写真展」
5月3日から5日 (会期中常設)

◎ワークショップ
「森の守り神プロジェクト」
5月3日(金)、4日(土)、5日(日)
時間未定(決まりしだいUPします)
対象年齢 小学生以上
定員 1回につき5人
e0128732_12574734.jpeg


===
1957年生まれ 滋賀県野洲市在住
本業は写真家、(公社)日本写真家協会(JPS)会員。
モファに参加してからいろんな人との交流が始まり、何だかわからない人になりました。

e0128732_22451871.jpg

コメント:
森の樹々の間に写真を吊るして展示します。
写真に誘われ樹木に近づき、自然を感じてもらえればと。
そして、ワークショップ「森の守り神プロジェクト」
河原の石に小さな石、枝、木の実をくっつけて”守り神”とし、好きな木の根元に置いてくる。
守り神に会いに、度々希望が丘に訪れてくれればいいなと思います。




# by open-art | 2019-04-10 13:00 | 参加アーティスト

草笛由美子(草木染め造形)

草笛 由美子/Yumiko Kusabue
(草木染め造形)
時代が変わる中、私の作品は、過去と未来の、私とあなたの架け橋となる。
e0128732_23181480.jpg
◎展示
「架け橋」
5月3日(金)から5日(日)

◎ワークショップ
「あなたとわたしの架け橋」
会期中、草笛さんがいたら、作品を一緒に増殖させてゆくことができます。
ぜひ、見つけてください!
時間未定
対象年齢 小学生以上
定員 無制限

===
1949生まれ 滋賀県守山市在住
16歳から28歳まで油絵を描く。
京都にて染色の仕事をしながら、四条円山派の水墨画を学ぶ。
自分で染めた布で空間アート、舞台美術、衣装などを学ぶ。
神社、寺院、ホール等で展開。東日本大震災以降、命、生きがい、未来の希望、人の縁を念頭に、
地元、出身地のアートなまちおこしに動き出しました。

e0128732_22443607.jpg

コメント:
時代は変わる。
歩いた道は、人と人、時と時代をつなぐ架け橋となる。
人の命はいつか終わるけれど、生き様の中から生まれ表現された作品は、
時と共に過去、今、未来へとつなぐ




# by open-art | 2019-04-08 23:27 | 参加アーティスト

倉田めば(パフォーマンスアート)

倉田 めば/Meba Kurata
(パフォーマンスアート)
大きな空間の中で流れる私の時間感覚
e0128732_23075623.jpg
◎ LIVE / パフォーマンスアート

5月3日(金)
2時間
(時間が決まりしだいUPします)

◎ワークショップ
「言葉のコラージュ」
対象年齢 小学校3年生以上

定員 15名程度
所要時間1時間半程度
(時間決まりしだいUPします)

複数の異なったテキストコピーを任意に切って並べ(あるいは書き出し)
詩を作ります。

===

大阪市在住
16歳〜21歳くらいまで詩を書いたり朗読をしていた。
アングラ色濃い大阪の学生演劇に出たり、東京で8ミリ映画を製作していた。
23歳の時、プロのヌードカメラマンになり、仕事での写真撮影のみに専念するようになる。
10年前にパフォーマンス・アートに出会い、NIPAFやおてらハプン!等でパフォーマンスを行なっている。


e0128732_22462323.jpg






# by open-art | 2019-04-08 23:15 | 参加アーティスト

松田博幸(パフォーマンスアート)

松田 博幸/Hiroyuki Matsuda
(パフォーマンスアート)
何かをすることで普段とは違う景色が見えてくるような体験をみなさんとわかちあいたいと思います。
e0128732_22440706.jpg
◎ LIVE / パフォーマンスアート

「20分ごとに1つのパフォーマンス」
5月4日(土)
10:00スタート
毎時 0分、20分、40分になると、
パフォーマンスを始めます。

◎ワークショップ

「パフォーマンスアートをやってみよう」
5月4日(土)13:00~13:40
この40分間は、皆さんも一緒にやってみましょう!
対象年齢 5歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 無制限

===

1961年生まれ 大阪府堺市在住
市役所で生活保護ケースワーカー、精神科病院でソーシャルワーカーとして勤務した後、大学院入学。
1996年より大学教員(ソーシャルワーク論)。
2010年に「ニパフ」(日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル)に観客と
して参加し、パフォーマンス・アートに出会う。2014年からパフォーマンス・アートを
始める。以来、「ニパフ」関連のイベントに参加している。最初は口腔内で音を出すパ
フォーマンスをしていたが、最近は食べ物を使うパフォーマンスをするようになる。今
後どうなるのかは不明。

e0128732_22475359.jpg
コメント:
10時から16時まで20分ごとに3~5分の小さなパフォーマンスをします。
毎時0分、20分、40分になるとパフォーマンスをします。
毎回違ったパフォーマンスをします。





# by open-art | 2019-04-08 22:53 | 参加アーティスト

下郡知子&シン(パフォーマンスアート)

下郡 知子&シン/Shin & Tomoko Shimogori
(パフォーマンスアート)
はじめての親子ユニットにわくわくドキドキ。
わくわくドキドキしている気持ち森に聞いてもらおう!
e0128732_22180376.jpg
◎ LIVE / パフォーマンスアート

しんちゃんママちゃん のパフォーマンスアート
5月3日(金)
5月5日(日)
どちらも20分程度

◎ワークショップ

「森に聞いてもらおう "わたしのきもち"」
5月4日(土)
時間未定(決まりしだいUPします)
対象年齢 0歳以上(小学生以下は保護者と一緒に参加してください)
定員 20人くらい

①森の中のお気に入りの場所お気に入りの木を参加者に選んでもらう。
②参加者は糸電話やメガホンなどを使ってお気に入りの場所や木に自身の気持ちを話す。
③話した後は、森に気持ちを聞いてもらったお礼にコップ一杯の水をかける。
④①~③を下郡知子&シンがスタート時に行い参加者へバトンタッチ。

===

1971年生まれのママと2008年生まれのシン 兵庫県西宮市在住
2015年霜田誠二代表ニパフに参加。
2016年より国内で開催されるフェスティバルに出演している。
2016年ネパールカトマンドゥ国際アートフェスティバル、
2016年中国成都―日本パフォーマンスアートフォーラム、
2018年スペインAcción!MAD 18に出演。
2018年11月息子シンとパフォーマンスを行い、今回ははじめて親子ユニット“しんちゃんママちゃん”を組む。
知子は大阪府吹田市内の障がい者施設で働く精神保健福祉士。
3人の息子を持つ。料理好き。シンは小学校5年生。ゲームとポケモンとダンスが好き。

コメント:
普段の生活で起こる些細な「うれしかったこと」「かなしかったこと」「ひみつ」誰にも話せなかった「きもち」に光をあてる時間。
私の中の小さな私との対話。
つまずきの小石をなかったことにしない。





# by open-art | 2019-04-08 22:28 | 参加アーティスト

滋賀県守山市を中心に「やまもりハプン」や「おてらハプン!」などのアートイベントを企画する芸術家集団。HPはhttp://m-fat.org/
by モファ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧